オフィスでは名刺交換なども必要になりますので、良い名刺入れを選びたいものです。タイプも色々有ります。

オフィス用品を上手に活用するために
オフィス用品を上手に活用するために

オフィス用の様々なタイプの名刺入れ

オフィスで働いている時には、どうしても名刺入れが必要になってくるものです。従業員によっては名刺交換をするという機会もありますので、やはり良い名刺のケースを使用したいものです。特に名刺交換をする際には、先方からケースを目撃される事も考えられます。体面上の問題からも、良いケースを使用するべきだと思われます。そして、そのケースにも色々な形状があります。財布のような形をしたものもありますし、本のカバーのようなデザインをしたケースも有ります。

例えば、ある企業からは本格的な皮を用いた名刺入れが販売されています。形状は、上記の2タイプでは「財布のような」タイプに該当します。一見すると、財布とほとんど変わらないようにも見えます。2つ折になっており、開くと名刺を収納する為のポケットが6つ有ります。色は5種類ありますので、好みに応じて選択するという事になります。ちなみに価格は4千円前後となります。かなり良い素材を用いていると思われるので、そこそこの値段になるという訳です。実際、その表面には傷が付きにくいように加工がされているそうです。

さらに別の企業から、また別の名刺入れが販売されています。こちらは上記の「本のカバーのような」タイプとなります。まさに本の形状と一緒です。表紙を一枚めくると、沢山のページが本にはあります。ですが本のように紙でできているのではなく、名刺を差し込む為のポケットになっているのです。つまり本の各ページがクリアホルダーに置き換わったイメージを想像して頂けると分かりやすいかと思われます。ただし、本の表紙は紙ではなくレザーが使用されています。そのため耐久性なども抜群のケースという事になります。ちなみに価格は650円前後となります。上記の名刺入れに比べると、やや格安という事になります。このように名刺入れにも様々なタイプがあります。それぞれ好みや使いやすさ等を検討して、適切な物を選別するべきという事になります。ちなみに上記の2つの名刺ケースは、どちらもそろそろ売り切れになるそうです。そういう事情もありますので、ケースを選ぶのはなるべく早めが宜しいかと思われます。

注目情報

Copyright (C)2018オフィス用品を上手に活用するために.All rights reserved.