社会人の必須アイテムの名刺入れ。オフィスで浮かないけれど差をつけるための名刺入れの選び方とは。

オフィス用品を上手に活用するために
オフィス用品を上手に活用するために

オフィスで差がつく名刺入れの選び方

社会人の必須アイテムの名刺入れ。今は100円ショップなどでも売っているものですが、どうせ持つなら周りと差をつけたいものです。どんな名刺入れを持っているかでその人の仕事ぶり見えてくるようにも感じられるので、ただ名刺が入れば良いという考えはやめましょう。名刺交換をする時に、顔と同時に名刺入れも見られていると意識して購入をしましょう。顔や髪型、服装だけでなく、そのような見た目からも仕事ができるかどうか、また仕事に対する意欲があるのかを判断されることもあります。

名刺入れはブランドのものもありますが、若手社員が持つには金銭的に難しかったり、オフィスで浮いてしまうかもしれません。ブランドものでなくとも見た目も良く機能的な名刺入れも多々あります。安いものを何度も買い替えるのではなく、何年も使い込めるようなものを選びましょう。

具体的にどのような名刺入れを選べばよいかは、どのように名刺入れを使えばよいかということから逆算して考えると良いでしょう。名刺交換で頂いた名刺をいつまでもいれていうような分厚い名刺入れは不格好です。また、名刺交換をする時に、自分の名刺と頂いた名刺が混ざってしまって自分の名刺を素早く出せないことも不慣れな印象を持たせてしまいます。そのようなことから、薄くて少なくとも1つの仕切りのある名刺入れが良いでしょう。革であれば名入れなどができる場合もありますので、オフィスで他の同僚から一歩抜け出るためにも名入れをすると特別感が出ます。自分の髪型をつくるように、名刺入れも自分に合わせて選びましょう。

注目情報

Copyright (C)2017オフィス用品を上手に活用するために.All rights reserved.