私は以前勤めていたオフィスで事務の仕事をしていましたが、時々社長の名刺を名刺入れに入れる仕事を頼まれました。

オフィス用品を上手に活用するために
オフィス用品を上手に活用するために

私のオフィスでの雑用は社長の名刺を名刺入れに入れる事

私は以前事務の仕事をしていました。そのオフィスでの私の仕事は経理と雑用だったのですが、雑用には社長や上司に言われた物の整理などが有りました。その中でなかなか大変だったのが社長が得意先等から貰って来た名刺の整理です。名刺は整理してファイル式の名刺入れに入れるのですが、得意先や銀行、その他ジャンルごとに分けて名刺を入れていきます。ばらばらな状態で渡されるので整理が大変です。

そして仕事という事も有りますが新しい人と出会う場や人づきあいがとても好きな社長だったので名刺の数がとんでも無く多く有りました。これだけの方の名刺を頂いてどの名刺が誰の物か等、顔を覚えられるのか不思議でした。私は人の名前を覚えるのがとても苦手で学生時代のクラス替えの後や、入社直後はなかなかクラスメイトや社員の名前を覚えられなかった事を記憶しております。良くいうにはその人に関心を持てば名前を覚えられると言いますが、全くその通りだと思います。

私はクラスメイトでも自分の身近な友人にしか興味をあまりもたず人の噂話等はあまり興味が有りませんでした。いちいち人の事はどうでもいいやと思っていたのですが、社会に出て、人の事を良く知るというのは大切だという事に気がつきました。様々な事に目を向ける事は大切ですし、他人に興味や関心を持つ事で相手とも打ち解け合う事が出来ます。名刺もただ単に頂くという物では無く、お互い名前を知り仲良くなりましょう等の意味合いも有ると思います。色々な方の名刺をきちんと置いておこうと思われる社長は偉いなと思いました。

注目情報

Copyright (C)2017オフィス用品を上手に活用するために.All rights reserved.